製造部

製造部

山中さん

入社5年目

製品への反応がダイレクトに伝わる職場

ニッケン刃物に入社を決めた理由

「日本刀はさみ」を見て
「面白い会社だな!」と思い入社

以前は、洋服の部品を製造するメーカーに勤務していました。地元の関市に戻ることを考え始め仕事を探した中で、元々歴史好きだったこともあり、刃物関係の製造業、かつ、日本刀はさみという面白い商品を作っている。「こんな面白い会社があるんだ!ここしかないでしょう!」と思い、入社を決めました。

奇抜な製品に惹かれて入社を決めましたが、実際に働いてみると、温かい人柄の方ばかりで本当にいい選択をしたと思っています。

現在の仕事について

入社のきっかけにもなった
「日本刀はさみ」の製造を担当

今は、入社のきっかけにもなった「日本刀はさみ」と「日本刀ペーパーナイフ」の製造を担当しています。

「日本刀はさみ」は、刃を組み合わせて、切れ味をあげる小刃引きという作業を行い、2枚の刃がかみ合うように片刃ずつ曲げて調整を行います。

「日本刀ペーパーナイフ」は、ブレードに両方均等に刃を付け、日本刀の仕上がりになるようにミラー仕上げをかけ、日本刀に使用されるものと同じようなパーツを取り付けて、鞘(さや)にはめ込み梱包して出荷します。かなり数が多くならない限り、ほぼ自分一人で作業を行います。

はさみは本当に調整が難しいと感じています。長年勤めている先輩社員と比べると、調整作業のスピードがまだまだ未熟で、職人としての経験がまだまだ足りないなぁと思います。

私が感じるこの仕事のやりがい

自分が作った製品を
見てもらう事が本当に嬉しい

入社して「日本刀はさみ」を作り始めてから、家族や友達が「サービスエリアで見たよ」と声をかけてくれようになりましたし、自分でも製品を見かけると本当に嬉しいです。

学生時代のアルバイト先のサービスエリアにも、思わず「僕が今働いている会社で作った製品です」とわざわざ言いに行ってしまったほどです(笑)。

前職で作っていた部品は、洋服の表に出てくるものではなかったので、自分の中では今一つ物足りなさを感じていました。今の仕事は、自分が作ったものが「お店に並ぶ」「人に見てもらえる」というのは思った以上にやりがいを感じることができます。

私が目指すこと

製造・技術的な視点で
新商品開発に積極的に関わりたい

今、尊敬している先輩が3人います。先輩方は、どんなことがあっても冷静に作業を進め、優しく、そして怒らず周りに接してくれます。

僕自身、技術的にもまだまだ未熟なので技術を向上させたいのはもちろんですが、後輩もでき、作業内容など指示をする立場にもなったので、先輩たちを見習い、スムーズにそして楽しく作業が行えるようにしていきたいですね。

ニッケン刃物は、誰でも意見を言いやすく、聞いてもらえる会社です。製造の現場の意見も吸い上げて新商品開発につなげることもできる会社は、そんなにないと思いますよ。

TOP
TOP